個人事業主の確定申告にぴったり!おすすめ経理ソフトの紹介




老後2,000万円問題、トヨタ自動車の終身雇用制度の崩壊などなど、一企業や一本の収入源に依存しない働き方が増えてきていますね!

取り決めのなかった中小零細企業はもちろん、大手企業でも、多くの会社で副業を認め始めてきております。

2本目、3本目の収入源を作るための副業にチャレンジしている方も多いのでは無いでしょうか?

 

そういった方が収益を挙げられるようになってくると、考えないとならないのが「確定申告」ですね。

個人事業主の確定申告のタイミングですが、その年の1月1日から12月31日までの1年間の売上や経費を計算し、収益の確定をせねばなりません。

年度の途中から事業をスタートした場合は、その日から12月31日までが期間とし、次の年の2月16日から3月15日にその分を確定申告する流れとなります。

なので、開業したタイミングは関係が無いので、個人事業主は皆同じタイミングで決算処理と確定申告を行います。

 

今回の記事では、本職はサラリーマンとして、副業で事業を行っている筆者が、実際に使っている経理ソフトの紹介をさせていただきます。

時短につながったり、ゲーム感覚で楽しめる便利な機能も満載なので、是非参考にしてみてくださいね。

 

■経理ソフトの検討の前に、創業時に準備したいこと

 

まず最初に、基本的には個人事業主をスタートする場合、役所などへの申請は特に必要ないようです。(してもしなくてもどっちでも良いらしい)

一年間の売上と経費を確定し申告すれば、その結果を元に、事業を行っているのだと判断してくれる為。特に申請しなくても問題では無いのですね。

 

なお、どちらでも良いと書きましたが、「開業届」という、税務署に出す書類はあるのです。

ただ、税務上は特にどちらでも問題はない書類となります。

 

ただし、事前に開業届を税務署に提出し事前に申告しておくことで、メリットも多いのです。

今記事も踏まえ、開業届を出すべきか判断していただければと思います。

 

※デメリットとしては、もし会社を退職してフリーランスになる場合、失業手当を受け取れなくなったり、扶養が外れてしまったりしてしまうようです。すぐに事業が始まらない場合や売上見込が立たない場合は、少し申告を待っても良いかと思います。

 

①屋号の登録と、屋号付きの銀行口座が作れる

 

このメリットは非常に大きいと思います。

個人事業主をスタートする際に、考えるのが「屋号」です。

 

例えば、CtoCの事業であるネットショップなどの商売を事業として考えられている場合を考えてみます。

商品の決済をしてくださった方へ、入金の案内をする時。

 

屋号なしの場合
「ご購入ありがとうございます、つきましては、下記の銀行口座へのお振込をお願いいたします。○○○銀行 新宿支店、ヤマダ タロウ」

 

屋号ありの場合
「ご購入ありがとうございます、つきましては、下記の銀行口座へのお振込をお願いいたします。○○○銀行 ビジネス法人部、△△商事」

 

商品を購入するお客様からしたら、どちらが取引として安心でしょうか?

 

また、BtoBの事業である、ホームページ作成請負の事業を行っているときはどうでしょうか?

企業からすると、どこの誰かもわからない「ヤマダ タロウ」に入金するのはリスクだと思いませんでしょうか?

対外的にも、この人は誰ですか?となってしまいますよね。

 

そこで、事業をスタートするときには、是非作って欲しいのが、屋号付きの銀行口座です。

開業届の控えが税務署に提出した際にもらえるので、その控えがあれば、口座開設が可能です。

 

私も作ったのですが、一番オススメの銀行は「ジャパンネット銀行」がおすすめです。

個人事業主の営業特性口座は、基本的にメガバンクのみの対応なのですが、平日の15:00までしか開店していないことが多いので、なかなか足を運ぶことができません。その上審査期間も長く、審査自体も厳しいようです。

ネットで調べていると、落ちている人がかなりいました。

また、プライベートで口座を持っていると、2つ目を開設できないこともあるようです。

 

ジャパンネット銀行銀行であれば、ネット上で24時間申込みが可能です。

税務署で取得した「開業届」と「本人確認書類」があればすぐに申し込みが可能です。

開業から数日で売上0円だった私でも、開業届だけで1週間程度で口座の開設ができました!

ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント

 

また、事業用のクレジットカードも作っておくと便利です。

これは、屋号の記載などは特になくても良いのですが、経費となる決済とプライベートを完全に切り離しておくと、今後の経費精算がとても楽になります。

上記で作った口座から引き落としがかかるようにしておくと良いでしょう。

(※赤字になる見込みの場合は、個人の口座からの引き落としにしておかないと、支払いができなくなるので注意が必要ですね)

 

■確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」が便利

 

会社用の口座とクレジットカードが完成したら、経理ソフトを検討しましょう!

私が使って、おすすめしたいのが、「マネーフォワード クラウド確定申告」です。

基本的には、無料で使えるクラウド会計ソフトなので、是非試してください。

 

(マネーフォワードクラウド確定申告の青色申告へのリンク)

 

早速、実際に使っている画面を参考に解説していきます。

「メールアドレス」と「氏名」「郵便番号」の登録だけで、会員登録はとっても簡単なので、まずは無料登録してみてくださいね。

 

ログインした画面は下記です。

 

まず最初にやりたいのは、作成した口座の登録と、クレジットカードの登録です。

これは、口座の開設ができたら是非やりましょう。

 

私の場合は、屋号で開設したジャパンネット銀行がメイン口座で、クレジットカードはアメックスカードと楽天カードをビジネスのみで利用しています。

 

経費を管理する方法

 

使い方はシンプルで、ほとんどが自動仕分けをしておけばOKです。

左のメニューから「自動で仕訳」を選択、「提携サービスから入力」と進みます。

 

登録している、クレジットカードでの利用明細が自動的に一覧化され、仕訳科目も自動判定してくれます。

この費用を経費として計上したい場合、勘定科目を確認してから黄土色の登録を押すだけで完了です!

めちゃくちゃ楽じゃないでしょうか?

やはりポイントは、事業のみで使うカードを作ることで、仕事がとってもシンプルになりますね。

 

売上を管理する方法

 

売上を管理する方法もシンプルで、登録している銀行口座への入金があれば売上として自動的に計上されていきます。

これだけでも便利なのですが、請求書まで、マネーフォーワード上で作ると、売掛金の管理まで一括で可能となります。

売上管理の本来の方法であれば、請求書を発行した上で、売掛金として計上しておくことが望ましいわけです。

この状態だと、取引先から入金が滞りなく発生しているのかの把握ができていないのですね。

 

先程の管理画面の「その他の業務」内に「請求書作成」というリンクがあります。

マネーフォーワードクラウド請求書という別のサービスと連携しているのですが、これも基本的に無料で使えます。

 

上記レベルの本格的な請求書がテンプレートから選択できて作成できます。

マスタ登録を済ませておけば、取引先を選択し「保存する」を押せば、自動的にクラウド会計の方で、その会社の売掛金に反映がされます。

「未実現」となっていますが、請求書は発行したが、まだ入金が無いということです。

 

 

これで、入金管理で、漏れが発生することもなくなりますね。

個人事業主は、「経理担当者=自分」になるので、このようになっているととても助かります。

 

最後に使ってみて、驚いたサービスを紹介します!

個人事業していて、とっても面倒なのが、請求書の郵送業務です。

書類の作成と郵送まで一括してマネーフォーワードが行ってくれるサービスがあります。

それも、ワンクリックで完了で、相手先の情報を入力(マスタを作っておけば、自動入力されています)し、青いボタンの「郵送する」を押すだけで郵送が完了です。

 

 

上記の封筒が、郵送費用1通あたり180円で取引先に届きます。

 

これは、月額980円(年払いの場合)の有料プランに登録していないと使えない機能なのですが、業務の効率化を図るには最高の仕組みだと感じていますよ。

 

■個人事業主が確定申告するにあたってのメッセージ

 

いかがでしたでしょうか。

売上と経費の計上を日々管理できていれば、月次決算書も作れますし、キャッシュフローの分析も容易にすることができます。

今後、従業員の雇用を考えられている方にも、とっても便利なサービスだと感じます。

また、確定申告の書類は、情報の入力ができていれば、所定のフォーマットに出力が可能となっているので、とにかく日々、入力をしていけばOKです。

 

経理作業はどんどん効率化して、生産性を上げていきましょう!




ABOUTこの記事をかいた人

京都府出身。大学卒業後、新卒で上場IT商社に入社。 法人向けのITコンサルタントとして業務の効率化、WEBを活用した集客・営業コンサルティングを実施。 その後国内コンサルティングファームにて不動産業専門のコンサルティングに従事。役職はチームリーダー、全国のクライアントの経営顧問をしている。 専門分野は仕事上、不動産・新築住宅・WEB・IT分野などなど。 読書・資格取得・ITツールやアプリ導入などが趣味