AmazonFireTVStickが超便利!低価格のテレビと組み合わせで最強




一人暮らしを始めるときや新居に引っ越すとき、テレビの買い換えや新調する場面がありますよね。

テレビ離れが深刻とニュースで色々出ていますが、テレビを見ないにしてもYou Tubeを見たりNetflixを見たりと、映像コンテンツを楽しんでいる方が大多数なのでいらないかな。と思いつつ。

スマホだけでもいいけど、外で見てしまうとギガ不足になってしまうので、家で見る方も多いです。

どうせ家で見るなら、大画面できれいな映像で見たい!」というときにテレビがあると便利ですよね。

 

ただ、家電量販店のテレビコーナーに足を運ぶと、

大きさやメーカー、各特徴などの組み合わせで、価格がばらばらで、同じ50インチでも、3万円台〜30万円台までの価格レンジがあって、全く意味がわかりませんね。

ちなみに下記が価格ドットコムで調べみた(2019年9月20日現在)50インチ付近の価格です。

これがが安い順。

これが、高い順です。

 

僕の個人的感想も含めちゃうと、「はっきり言って選び方がわからん!」のです。

 

高いテレビと比べると激安な「ハイセンス」っていう会社のテレビは実際どうなの?

自分でも同じ悩みがあったので、「試してみた結果」をレポートします。

 

☆ちなみに、この記事には一切アフィリエイトリンクを付けていません

ステマではないので、選択肢の参考としてお役立てくださいね。

 

■そもそもテレビの選び方ってどうすればよいの?

 

下記の棒グラフで表されているのが、テレビでの売れ筋の価格層です。(価格ドットコムより)

一番人気は、21万円以上となっており、結構良いものが選ばれているんですね。

 

僕は家電の専門家ではありません。

専門的用語の解説は、別のブログを参考にしていただければと思いますが軽く解説します。

 

ざっくりと、テレビの画質には種類が色々あるようで、

8Kテレビ

4Kテレビ

フルハイビジョン

 

「うんうん」

なんか聞いたことがあるね。

上から順番に画質が良いようで、値段も高くなる傾向にあります。

 

それ以外にも「有機EL」など、ややこしい用語があって分かりづらいですが、

これは画面に使っているパネルのことです。

 

有機EL

液晶

プラズマ

 

などがあります。

これは、使っている素材や部品のことなので、「薄くすることや軽量化すること」などに影響を及ぼすようです。

 

液晶テレビVSプラズマテレビ」みたいな議論って、昔ありましたね。

 

プラズマテレビのほうが勝っていた部分として、「色再現性が高い」「応答速度が速い」というのがあって

スポーツ観戦をするならプラズマテレビでっせー」みたいなことが電気屋さんでよく言われていました。

 

ただ、構造上めちゃ分厚くなって、重くなってしまうこと、消費電力が大きいことが問題点でした。

プラズマテレビの優位性を兼ね備えて、めちゃくちゃ薄く軽量化できたのが、「有機EL」というイメージで、良い部分を兼ね備えた次世代モデルなんですね。

※ここらへんがもっと知りたい方は、別で調べてくださいね笑

 

あとは全自動録画モデルやハードディスク付きモデルなどもあります。

 

今回の記事でフォーカスした方は「え、こんなに高いお金を払ってまでテレビを買いたくないよ!」「もっと安くてさー、良いものは無いの?」

 

「というか、テレビは別に見ないからテレビをネットに繋ぎたいんだけど」

と思われている方に、おすすめなテレビの紹介記事です。

 

「画質にはこだわりたい!」「音声にもこだわりたい!」

という方には向かないと思うので、別の記事を参考にしてくださいね。

 

■AmazonFireTVStickと組み合わせで3万円台の「ハイセンステレビ」がおすすめ!

 

以上性能解説をしましたが、結論僕は「中国メーカーであるハイセンスのテレビ」を選びました。

テレビを見るというよりも、You Tubeを見たり、Netflixを見たかったので、高機能はいりませんでした。

 

ただ、怖かったのは、「画質がめちゃくちゃ悪かったらどうしよ」「すぐ壊れたらどうしよ」ということです。

 

4Kテレビとは違うので、ヤマダ電機とかヨドバシカメラに並んでいる、それと比べると見劣りはしますが

ハイビジョンテレビであることは間違いが無いので、画質に関しては大満足です。

 

機能としては、テレビが見れるということだけで何も無いのですがコストパフォーマンスとしては最高だと思います。

この記事を書いている時点で3年以上使っていますが、一度も不具合もなく使えているのでその心配も少ないと思いますよ。

 

そして、本当に紹介したいのは「AmazonFireTVStick(アマゾンファイヤーティービースティック)」との連携です。

ここからは僕の個人的な意見なのですが、全録画機能なんて「TVer(ティーバー)」があるからいらないし、というか別にドラマやバラエティとか見ないし、テレビを見たとしてもニュースぐらいだし。

という人は多いですよね。

 

ただ、娯楽をみないと言うわけではなくて、ネットの方が面白いコンテンツ揃っているし、

好きな時間に好きなものをいつでも見れることに、最大の特徴があると思います。

 

すなわち、安いテレビでもネットに繋がってくれて、見たいコンテンツが閲覧できればそれで十分な機能を果たします。

こんな、格安のテレビでもAmazonFireTVStickをつなぐだけで、高機能テレビと遜色ない機能が得られるのです。

 

具体的に言うと、You TubeもNetflixもアマゾンプライムビデオもダゾーンもAbemaTVもTVerもこれ一本で見ることができます。

ちなみにアマゾンプライム会員でなくてもOKですよ。

 

下記が僕の家のテレビです

 

それも最新版だと、Alexa搭載の音声認識機能がついていて、声でアプリケーションを起動することができます。

リモコンでポチポチするのって面倒臭いので、これめっちゃ便利です。

 

「You Tubeを起動して」「料理の動画を検索して」などYou Tubeの検索にも使えるんですよ。

 

あとは、iPhoneのミラーリングもできるので、動画を家族で楽しみたい人などにも便利です。

 

■AmazonFireTVStickの価格と購入方法は?

 

AmazonFireTVStick(アマゾンファイヤーティービースティック)を買うのは簡単です。

 

一番お得な可能性が高いのは、Amazonで買うことですね。

Alexa搭載の最新版でだと、4,980円で基本的に販売しているのですが、プライムデーやセールなど結構やっていて

3,980円で買えちゃったりもします。

プライム会員だと1日ぐらいで届くので、これが一番ベストではないでしょうか。

 

ただ、すぐにほしい!ネットで買うのは嫌だ!という方は、

ヨドバシカメラ、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシン、ビックカメラ、などの家電量販店でも買えます。

僕の近くのドン・キホーテでも売ってましたね。

値段は定価と変わらず、4,980円なので、どちらでもOKかと思います。

 

■格安テレビとAmazonFireTVStickの組み合わせが抜群

 

いかがでしょうか。

ここまで価格差があると格安テレビに対して不安もあられると思いますが、僕は中国製のハイセンステレビに一つも不満はありませんね。

AmazonFireTVStickでネット化することで、10倍以上価格差がある高機能テレビとも遜色が無いと感じます。

 

画質は4K有機ELとは比べものにならないですが、そもそもスマホの画質で満足している人(自分)からすると、ハイビジョンもめっちゃきれいだと思いますね。

 

ぜひ、これから新居に引っ越してテレビを検討されている方は、参考にしてみてくださいね。




ABOUTこの記事をかいた人

京都府出身。大学卒業後、新卒で上場IT商社に入社。 法人向けのITコンサルタントとして業務の効率化、WEBを活用した集客・営業コンサルティングを実施。 その後国内コンサルティングファームにて不動産業専門のコンサルティングに従事。役職はチームリーダー、全国のクライアントの経営顧問をしている。 専門分野は仕事上、不動産・新築住宅・WEB・IT分野などなど。 読書・資格取得・ITツールやアプリ導入などが趣味