【無料&登録不要】URL共有のみでテレビ会議可能なアピアーイン(appear.in)




 

「働き方改革」が進む昨今、会社員の方は特に働き方を改めないといけなくなっています。

また、経営者の方は、単純に労働時間が圧縮してしまう中、社員の生産性を高めるため、日々苦悩されていると思います。

 

今回は、特に営業職やカスタマーサポート職の方に有効な「テレビ会議システム」についてご紹介できればと思います。

日々訪問しながら商談をしたり、現場に急行して問題解決に取り組まれたり、と特に時間外労働の多い職種です。

 

その訪問や商談をネット上でできたら、とても生産性が高まります。

 

移動に関わる経費&時間の短縮になり、交通機関や移動手段によりますが、アイデア次第では1日の件数を数倍にすることも可能です。

 

 

 

 

世の中には、いろいろなツールがありますが、その中でも特に便利なツールとなっています。

ぜひご検討してみてください。

 

 

 

 

テレビ会議システムにアピアーインをおすすめする理由

 

他のサービスと比較した優位性

 

テレビ会議システムは、世の中に非常に多く出回っており、数としては数十以上となっています。

その中で代表的なものが、

 

skype・Hangout・ZOOM・LINE・ChatWork・Polycom・V-CUBE etc

 

などネットワーク構築から必要な有料のものから、無料のオンラインツールまで様々です。

 

appear.inがこういったツールと大きく異なるポイントが一つあります。

それは、相互登録が不要と言うことです。

 

通常”skype”をしようと思うと、お互いに”skype”のアカウントを先に取得しておく必要があり、その上、コンタクトの承認を互いに実施しておかなればなりません。

 

いつもテレビ会議をする相手とであればよいのですが、新規の商談や相手とのコミュニケーションがあまり取れていない等の場合、とても不便なのです。

テレビ会議をするときに、お互いの環境設備が必要になるわけです。

 

まだ、若い方同士であれば良いですが、年配の経営者など、skypeをインストールすることは意外とハードルが高いと感じます。

 

appear.inはURLを相手に送るだけ

 

アピアーインの場合、初回に登録しておくのは、こちら側(自分)だけでOKです。

自分の個人のURLを設定することができ、「appear.in/」の後ろに好きな文字を入力し、URLを参加者におくるだけ、相手は何も登録作業などは発生しません。

それも8人まで参加でき、スマホでもURLをタップしたら簡単に参加できてしまいます。

画質や音質は、私の所感ですと、他のサービスよりも良いと感じます。

 

使い勝手の良いサービスなので使用してみてくださいね。

それでは、具体的に使い方を解説していきましょう。

 

アカウントの取得方法

※2019年5月16日に執筆しており、デザイン変更や仕様変更などが伴い、情報が古い可能性がありますがご了承ください。

まずは下記にアクセス。

https://appear.in/

Get Startedを押して、アカウント取得を進める。

 

Your name」と「Work emailを入力し、Sign Up With Email」をクリック

Googleアカウントで進める場合は、青色の「Sign Up With Google」でもOKです。

 

③登録したメールアドレス宛に、6桁の確認コードが来ているため、そのコードを入力

 

④Room nameを入力

【appear.in/xxxxxxxxx】 xの部分に任意のローマ字を入力。

 

注意
※このURLが、今後テレビ会議を行う相手に送るURLとなるため、対外的に問題の無いものにしておきましょう。

 

⑤完了

あなただけのROOMが完成です。

ビデオのマークの下にある、URLをお気に入り登録しておきましょう。

 

様々な場面で活用できる

 

後はURLを相手に送信するだけ。

打合せの時間までに、URLを相手に知らせておきましょう。

お互いにクリックすると、簡単にテレビ会議が繋がります。

 

注意点
URLを教えた相手が、自分のものとして利用されないようにご注意くださいね。

簡単であるがゆえに、会議中に知らない人が入ってきたり、するケースがあります。

また、忙しいビジネスマンだと時間詰め詰めで、アポイントを入れているケースがあります。

後の方が入ってきてしまうので、ご注意ください。

 

法人の取引先との商談やサポート対応、これは複数人でも参加可能なので、最大8人が別々の場所にいてもクリアな音声と画像で繋がれます。

個人相手の商売でも、商品の説明などにも使っている方が多いです。

画面共有やミュートなどの設定も簡単にできるので、ぜひ使い慣れてみてください。




ABOUTこの記事をかいた人

京都府出身。大学卒業後、新卒で上場IT商社に入社。 法人向けのITコンサルタントとして業務の効率化、WEBを活用した集客・営業コンサルティングを実施。 その後国内コンサルティングファームにて不動産業専門のコンサルティングに従事。役職はチームリーダー、全国のクライアントの経営顧問をしている。 専門分野は仕事上、不動産・新築住宅・WEB・IT分野などなど。 読書・資格取得・ITツールやアプリ導入などが趣味