【自動体重データ記録】可視化でダイエットがもっと楽しくなる体組成計




 

ダイエットを始めても、成果が見えないと思うように続きませんよね。

 

これは勉強と同じことで、

定期的にテストをして、自分の位置やレベルがわかるから「もっと頑張ろう!」と思えるのです。

 

ダイエットのコツは、

 

規則正しい生活を送ること食事・睡眠・運動

成果を感じること体組成

 

②は「数字の可視化」ということなのですが、

毎日体重計に乗って、データをアプリに記録するのって、実際とっても面倒くさい”わけなのです。

 

今回紹介するツールは、成果を感じること を無理なく実現可能な商品の紹介です。

 

一見すると、普通の体重計なのですが、自動でスマホアプリにBluetoothで体組成データが自動記録され、経過を記録する、最先端のスマホ連動の体組成計です。

 

 

実際に使っている我が家の写真です。

メタリックなボディと黒のパネルがかっこいい

なかなかデザインはいかしてます。

 

Qimmaol社という、中国のメーカーの商品(聞いたことがないメーカー・・・)

同じような商品はいくつもあるのですが、なんと言ってもこの製品の魅力は価格です。

税込みで3,000円以内で購入が可能なのです。

 

家電量販店で見ていた国産品だと、10,000円以上はするのです。

ずっと前から欲しかったのですが、「体重計に1万円はなぁ。」と足踏みをしていました。

価格は3分の1ということで、試しに。

と購入に踏み切りました。

 

価格が安くて、中国製ということなので、

心配なのは、性能なのです。

 

使用した感想をレビューします。

 

まずは箱を開けて設定です。

付属品は乾電池が3本入っており、すぐに使えました。

乾電池を入れるとすぐに電源が立ち上がります。

 

続いて、スマホの設定です。

説明書によると「OKOK·International」という専用アプリを使うようです。

 

これは、iOSもAndroidの両方に対応しているようです。

iOSリンク

Androidリンク

 

まずは、基本情報(身長・生年月日・目標体重)を入力し、Bluetoothをオンにします。

 

そのまま体重計に乗れば、Bluetoothの同期が完了しました。

 

スマホでは、下記のようなデータが上がってきました。

体重以外にも、体脂肪率や筋肉量、内臓脂肪、基礎代謝なども測定できます。

 

 

 

”データは正確なの?”

 

と思いましたが、RIZAPで測定したデータほぼ合致しました。

このRIZAPで使用した体組成計は、「タニタ(TANITA)業務用マルチ周波数体組成計 MC-980A

価格は、”200万円以上”するとのことなので、正確でしょう。

 

データは信用できそうです。

うん、なかなか良さそう。

 

また、人数の登録制限も無いようなので、家族の全員がこれ一台で測定可能です。

自分が測定するときに、アプリを起動していれば、その人のデータが蓄積するのでしょう。

 

とっても便利なので、ぜひ導入してみてくださいね!!

 

【ライザップ流】糖質制限ダイエットを徹底解説

2019年7月19日

 




ABOUTこの記事をかいた人

京都府出身。大学卒業後、新卒で上場IT商社に入社。 法人向けのITコンサルタントとして業務の効率化、WEBを活用した集客・営業コンサルティングを実施。 その後国内コンサルティングファームにて不動産業専門のコンサルティングに従事。役職はチームリーダー、全国のクライアントの経営顧問をしている。 専門分野は仕事上、不動産・新築住宅・WEB・IT分野などなど。 読書・資格取得・ITツールやアプリ導入などが趣味